外国人が日本で暮らすためには在留資格が必要です。在留資格認定証明書とは、海外にいる外国人の方が日本に入国する為の事前審査を通過した事を証明するものです。

外国人の方が日本に上陸する時は、空港等で上陸許可の申請を行ない、入国審査官の審査を受けなければなりませんが,その場合には下記の要件を立証する必要があります。


  1. 審査のための立証要件

    立証要件
    ア 旅券やビザ(査証)が有効であること
    イ 日本で行おうとする活動が虚偽のものでなく、かつ、在留資格に該当すること。
      また、在留資格により上陸許可基準がある場合にはこの基準を満たしていること
    ウ 在留期間が法務省令の規定に適合していること
    エ 上陸拒否事由に該当していないこと

    在留資格認定証明書は、申請に基づき、法務大臣が上陸のための条件のうち、上記のイについて、適合していることを証明するものです。

    在留資格認定証明書を取得すると、在外公館でビザの発給や上陸審査手続きがスムーズに行われますので、実質的な上陸許可と言えます。

    ※在留資格認定証明書の交付申請は,就職予定先の雇用主や日本人配偶者など、日本にいる一定の関係者か、申請取次資格を持った行政書士等が最寄りの入国管理局などで、本人に代って申請することができます。

    なお、在留資格の「短期滞在」と「永住」については、 在留資格認定証明書の対象とはなっていません。

  2. 必要書類の一例

    外国人技術者を招聘するときの在留資格認定証明書交付申請書

     写真(4×3)2枚
     履歴書
     大学又は大学院の卒業証明書(原本提示)
     雇用契約書の写し
     商業・法人登記簿謄本
     直近の損益計算書の写し
     会社案内
     外国人従業員リスト

    外国人の家族を呼び寄せる時の在留資格認定証明書交付申請書
     写真(4×3)2枚
     結婚証明書(配偶者)・出生証明書(子供)
     扶養者の旅券の写し又は外国人登録証明書表裏の写し
     扶養者の在職証明書
     扶養者の源泉徴収票又は確定申告書控えの写し



    当事務所では、無料相談をお受けしております。

    無料相談

オフィスの案内

サブメニュー

公益法人での相続・事業承継対策
新制度のポイント
公益法人と一般法人の違い
公益法人とNPO法人の違い
公益法人の税制の特典
寄付者の税制の特典
非営利型法人とは
一般社団法人の設立
一般財団法人の設立
認定後の手続・運用
アクセスマップ
プライバシーポリシー
サイトマップ

ご案内

公益法人セミナー
「公益法人研究会」会員
問題クリア小冊子サービス
書式ファイルサービス

公益認定関連

公益法人information
公益法人の改革