学校法人及び私立学校の設立


小・中・高等学校や幼稚園等の学校については,学校教育法で国・地方公共団体のほか,学校法人がこれを設置することができることになっています。

学校法人とは,私立学校の設置を目的として設立される法人で,法律で認められた公益法人の一種です。

学校法人の設立に当たっては,その根本規則である「寄附行為」を定めて,県知事又は文部科学大臣の認可を受ける必要があります。

学校法人には学校用地・校舎等の施設や机・イスその他の教育設備を備えるための資金が必要であり,これらの資産は原則として負担付き又は借用のものでは認められません。このほか,寄附行為の知事の認可に当たってはさまざまな基準があるほか,認可の際には,各都道府県の私立学校審議会の意見を聴かなければならないことになっています。

  1. 学校法人・私立学校

    • 学校法人… 私立学校の設置を目的として設立される法人
    • 私立学校… 学校法人の設置する学校(小・中・高等学校、中等教育学校、大学
             高等専門学校、盲・聾・養護学校、幼稚園及び専修学校、各種学校)

    私人が私立学校を開設しようとする場合には,私立学校の設置及び当該私立学校を設置する学校法人の設立の双方について認可が必要


    (学校法人と私立学校の関係)
    学校法人○○学園
    ○○高等学校
    ○○中学校
    ○○小学校
    ○○幼稚園
    ←《設置主体である法人》


    ←《設置する学校》



当事務所では、無料相談をお受けしております。

無料相談

 

オフィスの案内

サブメニュー

公益法人での相続・事業承継対策
新制度のポイント
公益法人と一般法人の違い
公益法人とNPO法人の違い
公益法人の税制の特典
寄付者の税制の特典
非営利型法人とは
一般社団法人の設立
一般財団法人の設立
認定後の手続・運用
アクセスマップ
プライバシーポリシー
サイトマップ

ご案内

公益法人セミナー
「公益法人研究会」会員
問題クリア小冊子サービス
書式ファイルサービス

公益認定関連

公益法人information
公益法人の改革